2014年05月12日

興味

国民が政治に興味がある状態。

これって良い事なのだろうか?民主主義というモノはそれが必要だというのだろうけど翌々考えるとどうもそれはおかしい感じがする。

本来政治が上手く動いていたら、政治家が良い政治をしてたら国民は余計な事を考える必要も無く、自分の仕事に集中して取り組み、色々な楽しみに頭を時間を使う事が出来るのである。

それって無責任?

でもねぇ選挙に時間をとられ、政治に時間をとられ、生活は安定しない政治を行う者の何処に責任感があるの?給料を税金で払っているのだから官僚や政治家はキッチリ仕事をするべきなのよ。

どんな仕事をしてもらうか明確に指示しろって?

それって甘えていないか、客の考えている事望んでいる事、これからの事を見通して新しい価値観を創造しようと足掻きながら普通の人は商売しているのだよ、客のいう事だけをこなしているだけでは駄目なのよ、一歩先を考えてやらなければ駄目なのよ。

大変な中仕事をする事を国民に強要しておいて政治家が遅れをとるってどういう事なのよ。

チョイと曲解かもしれないけれど日々利用するスーパーの経営、商品ラインナップを考えるのが今の政治を考える事の様な気がする、其処を利用している、其処が生活の基盤になっているからといって経営を考えるというのは変でしょという感じ、いや社員としても末端の社員が経営を考える為に入社したわけでもないのに経営について考えるというのはおかしいと思わないか?

まぁ今は会社の経営にしても自分達のミスを社員に責任をとらせる経営者が増えているから政治家が国民に責任をとらすのは時代の流れなのかもね。

仕組みに国民を組み込む事で連帯責任、自己責任にする事で責任をとらないシステム、政治に参加していると錯覚させるシステム。

政治について考える事は当たり前では無いという事に気付くべきなのだ。
posted by mouth_of_madness at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック