2014年05月17日

3K

意味不明丸出し。

すき家の社長の「日本人は3K仕事やりたがらなくなっている」という発言、これって仕事と賃金が合っていないだけだよね。

多分それより良いバランスの仕事が有るという事だよね、まぁ後は単に働きたくないというだけだと思うよその人達は3Kだとかは何も関係無いしね、別に働かなくても食べる事が出来るのであれば働かないという事でしょ。

それにねぇ散々メディア等で3K仕事を馬鹿にし続けた成果が出てきただけです、人がやりたがらない仕事を低賃金で働かせて小馬鹿にし続けた結果ですよ。

能力がないから3K仕事でもやっておけという思い上がりがこの状況を生み出したのである、3K仕事をやれるというのも実際は凄い能力なのだよ、その仕事を行ってくれる人がいなければ社会も商売も成立しないのに奴隷の様に扱おうとする、社会の底辺と蔑む。

でもねぇピラミッドって下がちゃんとしていないと駄目なのよ、トップ部分だけでは成立しないのである、実際には上とか下とかないのに勘違いしているのである(むしろ下にみられている方が社会を維持しているのである)

上に立っている者が儲かっているというのも下にみている者がモノを購入したり評価してくれたりする上で成立しているのである、自分達が世の中の価値観を決めていると勘違いしているのだ下にみている者がチョイと違う価値観を持てば自分が優秀だ、才能があると思っていても崩れるのである。

かってSONYはある種のポップアイコンとして若者音楽文化等をリードした時代もあった、でも今は其処をアップル等に奪われている、新しい価値観が時代を動かしたのである。

価値観を生み出す者は少人数、染まる者、評価する者は大多数。1人の能力では価値観を生み出す者の方が上の可能性はあるが社会を動かすのは大多数なのだ。

幾らいい価値感を生み出しても大多数がそれを評価しない限り世界は動かない、社会は変わらないのである。

良いモノも悪いモノも刻一刻と変わっていくのだ、自分の立ち位置を維持しようと価値観の固定化を図り逃げ遅れる愚。

騙しになるかもしれないけれど3K仕事は尊い、働き者として異性にモテると評価し続けるべきだったのだ、これこそが社会の礎であると褒め称えるべきだったのである。
posted by mouth_of_madness at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック