2014年05月25日

COOL・JAPAN戦略

翌々考えると日本の良い所を宣伝するCOOLJAPAN戦略っておかしくない?俺が俺がと自慢をしない、奥ゆかしさが日本の美徳ではないか、侘寂というのが日本の良さではないのか?それを宣伝して広める事に自己矛盾が無いだろうか。

出しゃばらないのを宣伝するという奇妙さがCOOLJAPAN戦略には有ると思う。

本当にCOOLJAPANでやる事はただ一つ、人々が生活しやすい快適な国を作り上げる事だ、まずは其処に住む人達が楽しく生きていける国を作り上げる事なのだ。

大量のアニメ、面白いアイドルがいる、奇妙な文化が有る、ハイテクな街といった事は売りにする恥ずかしい状態ではでは駄目なのだ、そんな表面的なモノでアピールをする事は駄目なのよ、伝統があるとかいうのもねぇ結局は薄っぺらな自意識に過ぎないのだ。

しっかりと地に足がついた、社会基盤の元にある伝統でないと意味がないし、それにより人の生活が蔑ろにされていたらそれも本末転倒である。

黙々と人が生活していける、イイ感じに生活していける、それに触れたら其処の一員になりたいと思える様な国を作る事がCOOLJAPANで有るべきだ。

良いでしょって自慢するモノではないのだ、自慢しないと伝わらない様なモノだったりするのであればそれは別に大した事はない、またこれって良いでしょってアピールしないと良さがわからない、良さをみてやろうという様な輩に良さを宣伝する必要は無いのだ。

自転車の鍵をしなくても盗まれない、落としたモノが出てくる、嘘をついてまで儲けようとしない、子供が安全(犯罪的意味で)に遊べる、ギスギスしたニュースを見る事がない国を作るそれこそがCOOLJAPANに成るという事。

今のCOOLJAPAN戦略は単なる見世物に過ぎないのよ、以前NHKの放送で問題になった人間動物園を自らやろうとしているのだ、NHKに抗議した者はむしろこのCOOLJAPAN戦略の有様に抗議するべきなのだ。

面白がれる土壌や労働者の為を考える経営者等がいればテクノロジーは勝手に発達するものよ、ストレスとか問題があるからそれを解決する為に発達するという考えがあるけれどそれにより発達したモノは歪なモノなのよ、問題対処に関しては成立しているけれどそれは何処かユーモアが無いモノになる。

より面白くしたい、これ有ったら面白いという部分が大事なのだと思う。

その為にも面白がれる土壌が必要なのよ。

良い社会を作るそれだけがCOOLな日本をになる、圧倒的な日本になる。
posted by mouth_of_madness at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック