2014年05月29日

UFO・侵略

技能が無いけど俺ってセンス有るよねと勘違いした人が作るとこんな感じになるのだろうなという出来の映画。

兎に角酷い出来、B級映画にある溢れる様な愛も感じない、なんか映画なんかチョロいよねというドヤ顔が見えてくる感じがするのよ。

確かに全部が酷いという事は無いよ、途中面白くなるかもと思った瞬間もあったのは確か、冒頭のフラッシュバックとかも後々意味を持つのかもと考えた時も有りました。

でもねぇ、それらは無残にも踏みにじられる、意外性を出そうという思いつきに踏みにじられる。

此所でコイツ死んだら度肝抜かれるでしょ、此所で何か意味ある風に出しておいてからの爆死って面白いでしょって売れない芸人のコントでもみているかの如く適当な展開に辟易するのである、チョイと感動も有った方が良いのでは無いかという感じ殺してみたりと雁屋哲もビックリの展開なのだ。

この文章の様な感じと言えばわかりやすい筈だ、此所で雁屋哲の名前を出す必然性も無いのになんか出しとくと面白いかなという様なクダラナイ理由と面白くも無い意外性。

この映画を観るともう一つわかる事がある狂気、大馬鹿と違う厨二病をこじらせた凡人の違いがよくわかる筈だ。

まぁ僕の描く絵とかと同じだからそれが良くわかる、手に取る様に良くわかる、違う部分は自分の駄目な部分を理解しているか否かだと思う、理解しているだけで自分の根っ子にある厨二病部分を完全にコントロール出来る訳ではないけどね、どっちにしても中途半端は最悪という事なのよ。

俺ってセンス有るって思い込みは最悪よ、本当にセンス無いと実に洒落にならないというのがわかる一本。
posted by mouth_of_madness at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック