2014年06月18日

税金

ぐいぐい上がる感じの税金を見ていると何の為の税金か良くわからない感じがする。

一体全体誰の為の税金なのさという感じになってしまうのである、今の感じ富の再分配的要素は薄く成りつつあるのでは無いだろうか。

富の再分配といっても別にお金をバラ蒔けというのではないよ、東京や大阪が発展してのであれば次は地方もイイ感じにするそういうのも富の再分配だよね、効率よく税金を使える、投入した税金を更に増やせる事が正義だという考えもあるかもしれないけれど、増えれば地方にもおこぼれが増えるとかいうのかもしれないけれど、それって再分配では無いよね。

また企業やこれからの産業等の発展が結果日本経済のが発展しイイ感じになるその為にも下々人はもっと税金を払えといわれていてもねぇ、これまた再分配ではなく大手がウハウハになるだけで儲かったら海外の税金の安い所の流したり、海外の投資家を儲けさせたりで払った税金は下々まで還流される事はない。

高負担、低福祉になり始めているのではないだろうか?また本当の意味での一票の格差が内包していうのではないかと思うのだ、今の残業代ゼロ、移民問題、派遣推進、法人税減税とかをみても大多数の会社員の一票よりも経営者や投資家とかの意見の方が大きい様な気がするのだ。

またみんなに投資しろいう流れも気に入らない、個人投資で自分のお金を増やしなさいよ、増やせれば給料安くても生活出来るでしょ、年金少なくても大丈夫でしょという感じが実にいや。

海外ではお金の運用を子供の頃から学ぶ、株式運用とかはある種の常識とかいう風潮も何か嫌な感じがするよね、投資運用は博打とは違うといった事をいうけれど誰もが儲かるというモノではないし、企業の運営に影響を与える劇薬でもある、インサイダーといった犯罪とかもある事を考えるとどう考えても堅気には思えないのである。

リスクを負い運用しながら働くったどんな罰ゲームだろうか?真っ当に働いていたらそんな時間は無い、それにみんなが運用だけで生活する事は出来ないのだ、誰かが働いているから必要なモノが用意されているのにお金を運用する方が大事とか動くお金が大きいとかった何か間違ったいると思う。

コレといって無駄遣いをした訳では無いのに黙々と40数年働いても投資とかしてないと老後が心配になるなんてどういう事よ、どれだけ脆弱な社会なのだ、何も進歩していないという感じしかしない。

効率も多少は大事だと思うけどそれ以上に安定化の方が大事なのである。

文句をいわない国民に依存していると今に潰れるよ、何時までもその様な状況は続かない、ある日突然国も人も壊れる、理不尽に気がついた時にぶっ壊れる。

頭のいい人は人が壊れるという事を理解していないのだ、革命とか暴動が起きるのはまだ良いけどただ単に壊
れる事になればもう収集はつかないのである。

ただ壊す、誰でも良かったという犯罪と同じ感じで社会も自分も壊してしまうのである。
posted by mouth_of_madness at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック