2014年06月28日

自虐的に日本を貶める記事、またこんなに凄いぞ日本という記事。

でも現実は両方が入り交じっているのが実情、変に落ち込む事も自慢する事もなしでいけば良い。

此等の情報どの様に使うかが非常に大事なのよ、対象を野次馬感覚で糾弾しても何も変わらない、自虐的な記事を見て日本ヤバイと思ったらその事に対してどの様にすれば改善されるかという事を考え、行動すれば良いのである、落ち込んでいても何も変わらない、恥ずかしいと思うのであれば自分はその様な行動をするまいと誓いを立てれば良い。

いきなり聖人君子は無理だけど少しだけ頑張ればそれだけ変わるのよ。

また自己満足的に陥りやすい万歳記事、それはねぇ凄い事をした日本人がいるだけで、別に自分が凄い日本人ではない事をしっかり理解するべき。

それに属していても何も凄い事なんかないのだから、でもねぇそれに感銘を受けたのであれば後に続く事を考えれば良いのだ、最初は偉人のコスプレでも真似でもいいからその憧れの日本人を目指して行けば良いのよ、生活に負担がかからない範囲でその凄い日本人を演じれば良い、それを継続していってやっとその憧れの日本人になれるのだ。

これだけが世の中を快適にするたった一つのやり方。

過去の負債を減らし、守り続けた美徳をを減らさず繋ぐ、増やしたりもするのが大事なのである。

有名スポーツクラブの会員証を持っていてもトレーニングしなければ意味が無いし、馬鹿相手に番組を作っているのだからこの程度で十分だと小馬鹿にしても何の意味もない、馬鹿を啓蒙する、賢くする事こそがやるべき事なのにね、馬鹿の拡大生産を行うと結局は自分のクビを絞める事になるのにね。
posted by mouth_of_madness at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック