2014年07月25日

何を急ぐのか

安倍政権の政策、色々な事が急ぎすぎではないのか?

単に政治家の個人的利益追求なのか?だが周りの政治家も支持していたりする訳ですよ、そう考えるとそう単純な問題ではないのではないかとも思う訳です。

何か表に出ている事以上に世界情勢が深刻なのかもしれないのである、ウクライナ、イスラエル、イスラム国といった世界の大きな問題を見ると世界のパワーバランスが壊れつつあるのだ、経済もまたこれから大きな地殻変動が起きるのであろう。

其処を出し抜こうという欲もあるのだろうけど、生き残る事に精一杯な状態が今ではないのか、マスコミは多分自分の置かれている状況がわかっていない、目の前の利益に右往左往立ち往生しているのだ。

だからといって今、進んでいる政策が正しいという訳ではない、色々な妥協の産物や横から紛れた利権により色々な歪みを持ちながら進んでいく。

歪んでいる状態で先を急ぐ、力業でその歪みを強引に修正するのか?それとも間違った認識でドリルで破壊し尽くすのか、それとも転けるのか?

結果しか見えない状態だと一体何が起きているのかわからない。

その結果このブログの記事の様に何も答えていない空虚な妄想になってしまうだけ、急いでいる人をみて何を急いでいるのだろうかと勝手に想像しているだけ、ウンコ漏れそう?テレビ観たい?誰かに追われている?想像はいくらでも出来るけど本当の理由はわからない。

それとも急いでいる様に見えるだけで僕達がモノ凄い勢いで後ろ向きに移動しているだけなのか?

世界が早く動くから、取り残されないようにという様な安易な理由ならば止めとくれと思うけどね。
posted by mouth_of_madness at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック