2014年07月27日

ネトウヨ

左翼の人の自虐的な部分もなんだかなぁですが、ネトウヨとカテゴライズされる人の日本凄い感も何か間違っている。

自画自賛しては駄目なのよ、チョイと恥ずかしい事なのよ、何か褒められたくてやっている感が醸し出されて実にみっともない、また貶されている事に過剰反応するのも実にみっともない、問題があれば直せば良いだけだし、相手を何もわかっちゃいないと腹を立てるのもなんだかねぇ。

褒められたら嬉しいけれど、別にその為にやって来た訳では無いでしょ?自分達のよかれと思ってやって来た事が偶々イイ感じにハマり褒められただけなのよ、良かれと思ってやっても認めら無い事も有る訳でしてそんな事で過剰に一喜一憂する事は貧乏臭いのである。

韓国より多いだの、中国より多いだのという様な小さい事に目を向けていると転けますよ。

そんな事で満足している場合では無いのよ、如何に生き残るかという部分と如何に楽しむかという部分のバランスを取りながら進めて行かないと歪な国になってしまうよ。

別にガラパゴスでも其処に住むモノが楽しければ何の問題もないのよ、自分達がどんな国、社会に住みたいのか其処が大事であって、海外の人に褒められたいというのとはズレがあるのだ。

確かに商売する面では海外の人の評価も気にはするべきですけど、一般人が自分がやった訳ではないのに褒められたら自分もその仲間意識で偉そうに勘違いするそれは兎に角恥ずかしいから止めた方が良い。

淡々と自分の出来る事で住みよい社会を作るそれだけな。

何でそんな事で褒められているのかわからない位に洗練され、日常に溶け込んでいる状況、その様な心理状態にまで進めないと意味はないのよ。

どうも目の前にある褒めばかりに気がいってしまい、批難には過剰に腹立てたりとバランスが悪い。

高評価もあれば低評価もマイナス評価もある、ただそれだけの事でしかない、別に神が定めた絶対的尺度で良い悪いを決められている訳では無いからね。

褒められたら偉いだの、優秀だのと勘違いする様な恥ずかしい状態、大体世界様に褒められたから偉いと思う部分が属国根性ではないのか?実に拙い事では無いのか?文句言われたから止めるべきと考えるのもまた思考の放棄だしね、世界様が駄目だというから間違っていると思い込むこの精神的貧しさよ。


淡々と自分やれる事を考えて確実にこなしていく、それだけがたった一つの冴えたやり方。
posted by mouth_of_madness at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック