2014年08月27日

防人

戦争ってドンパチするだけのモノでも、プロパガンダや情報戦だけでもない。

実際の領土防衛は其処に住む人達がいる事で行われているのだ、実効支配をしているから守られているのである、だがそれを忘れがち、地方を蔑ろにしてシャッター商店街を作り、過疎化に追い込む、そりゃ地方の様々な政策に問題はあると思うけど、国の全体政策、産業政策のミスが地方を疲弊させていく。

最前線の事を無視する事で首都は強くなったのかもしれないが前線はガタガタになっていく、そんな所出て行けば良いよ、そんな産業は辞めてしまえと安易な事をいう、保護政策も利権の合唱で潰される。

全ては自己責任といわれ地道に守って来た事を愚弄されるのである。

後方支援がない為疲弊し、技術も領土も流出していく、今に移民等により政府や県議会等ではコントロール出来ない所も出来るだろう。

一時的あぶく銭の為に国を売る、生活の為に国を売る、もしかすると日本は自分達の手でこりゃ儲かると国を売り滅ぶ国になるのかもしれない、実に画期的。

借金の形に国を売ったとかではなく、何か儲かるし、その儲けで好きな国に移住すれば良いんじゃねぇ?という田分け者になるのだろう。

実に斬新です。
posted by mouth_of_madness at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック