2014年09月25日

消費税還付金

消費税の税収を上げるには消費を増やす事である、税率を上げる事ではない。

収入が少ない人から消費税をこれ以上とるのは難しいし、大変な事になる、多少お金に余裕がある人の消費マインドを焚き付ける事がポイントである。

年収により消費税の還付を行うのである、買えば買う程消費税でとられた分が戻って来るシステムを作るのだ。還付のせいで大幅に消費税による収入は増えかもしれないが、これから上がるであろう2%分位は何とかなるのでは無いだろうか。

お金をある一定額以上使わないと戻って来ないというのがポイント。

お金が戻って来ると思うと何となく無駄遣いしてしまう心理を上手くくすぐるのである、また消費が増えればお金が動き循環することで景気が良くなるのではないか?企業の収益が増えれば法人税が増える事になり消費税を上げない場合の補填になるのでは無いだろうかと思う。

還ってくると思えばチョイと良いモノを買う事も増え、国内生産の稼働率も増える、雇用の面でも有利になるとも思う。

心理的には戻って来るというのがポイントだと思う、年末調整で払いすぎた消費税が還付されると具体的に1万円とか戻って来る事が喜びを錯覚させるのである。(安易な考え?)

戻ってきたらチョイと飯にでも行くか、飲みに行くかとかで結局消費する感じが丁度良いのである。

ある種の無駄遣いをしているのは確かだが、財布の紐を緩める事が今の経済の閉塞感からの脱出の為には必要なのだ。
posted by mouth_of_madness at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック