2014年09月26日

水球ヤンキース

つい先日まで放送していたテレビドラマですがこれは非情に問題だと思う。

いつか何処かで観たようなベタな展開で、最期に勝というのもスポーツドラマとしてはスカッとくる展開であるのだが、やはり天才的才能がある主人公(初心者)と一度は挫折したエリートプレイヤーの組み合わせとはいえ他は初心者の集まりのチームスポーツでアッサリ全国制覇してしまうのは駄目だと思う。

敵はいけ好かないといえ日々練習を重ねている連中なのだ。安易に勝ってしまってはやはり駄目だと思う、ドラマとはいえ安易に勝ちすぎるのはチョイとスポーツを舐めすぎではないだろうか?

僕は頑張ったけど負けたという展開で良いと思う、しかしそのがんばりに町内の人の評価が良くなるとかで良いと思う、最期まで諦めずに高い、一対一では虎雄に勝程度で良かったと思う、インチキを企む郷田には天罰が食らう程度で十分だと思う、

勝負には負けるけど、郷田の悪事がバレ霞高が代表で全国大会に出るとかの方が自然では無いだろうか、和解した水蘭が特訓に付き合い全国大会の試合に挑む、結果は謎にする位の方が良いと思う。

殆どが初心者のチームに制覇されると真面目に練習を続けた連中の立つ瀬無し、ドラマだからOKというのではあまりにも杜撰すぎるのである。

リアルに水球やっている連中が馬鹿みたいではではないか、三段飛ばしくらいで主人公達は成長するのは良いけれどチートの如き成長では興ざめである。

この辺は対戦しないウォーターボーイズとかの方が無茶が目立たずよく出来ている部分だと思う、己との戦いだけだからね。
posted by mouth_of_madness at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック