2014年09月30日

ビキニガールズ・マーダー

ビキニといっているくせにちっともセクシーの欠片も無い映画、勝手につけた邦題だから仕方がないのだけどね。

まぁそれでも映画自体が面白ければ救いはあるのだがこれがまたちっとも面白くない、タラタラとした意味の無いシーンで時間だけ進んでいくのだ。

せめて無意味なまでにセクシー三昧ならばストーリーの不味さもまぁ許そうとなるのだけど、セクシーではないし、好みもあるかもしれないがヒロインが微妙なのよ、更に黒幕も不細工で絶望的気分が味わえます。

カラッと明るい脳天気なまでのリア充がドツボになるか、ビキニで殺す男を物色し罠にはめる展開を期待したのにねぇ、なんか「男来ないねぇ」「道迷ったんじゃない」と愚痴愚痴のイヤーな空気感からの謎の殺人鬼ってどうなのよといいたくなる、なんか常にダウナー感じでメリハリがないのだ。

大滝秀治ならば「ツマラン、お前の映画はツマラン」とでもいう感じなのだ、多分この映画、タイトルだけを観て後は妄想の翼を拡げた方が面白い筈だ、この映画以下の想像力の持ち主はそうそういない筈だ。

実際に映画を作るとなると素人監督ではこの映画以下になるけれど、妄想では確実にこれより面白い映画になる事は間違いなし。

お金にも時間にも余裕があり、敗北を知りたいという人以外は観ない方が良いと思います、こんな事で脳の一部に変な記憶が書き込まれる事の苦痛と後悔しかない映画です。

ここまで書くと観たいと思う人もいるかもしれませんが、後悔するよ。
posted by mouth_of_madness at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック