2014年10月02日

少子化の原因

何故少子化になるのか?

僕はそれは人を必要としていないからだと考える、人がいる利益といない事による利益を天秤にかけた結果の少子化だ。

機械化が進めば世界は更に人口を減らすだろう、機械化等により貧困と無縁になる、製造業は人が働く必要もないという状況に成れば世界は2億人位になるのではないだろうか。

人生を楽しむ為に必要な人数に集約されていくのである。

其処で考える少子化を止めたければ便利を止める、年金等を止める、老人介護等を止めるのだ、世界を基本的に不便にしてしまうのだ。

自分の老後の面倒をみてくれる者がいなければ生活出来ない様な状態にすれば危機感を持ち一気に状況は変わる筈だ、危機感が子供を作るのだ。

移民なんかやれば更に少子化は進み国はおかしな事になるだろう、グローバル化になり金があれば逃げ場所があるという状況が駄目、日本から逃げ場がないという状況で自分達が働かないと駄目という状況に成れば人口は増える筈だ。

必要とするから人は増える、必要がなければ増やさないという仕組みが人にはあるのだ。

労働力がいらなく成れば人を増やす必要はないからね、環境的にも人は少ない方がむしろ良いからね。
posted by mouth_of_madness at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック