2014年10月21日

壊れて気がつく

人は問題点が有っても色々と対策、注意をして使い何とか動かしてしまう。

問題点を庇いながらも何とか動かしてしまう、そしてそれを繰り返しているうちに問題は大した事無いと勘違いしがちである。

しかし実際は問題が解決した訳でも容易い問題でもない、ただコントロール出来ると思い込んでいるだけで問題が隠れたせいで内包する問題が大きくなっている場合があるのだ。

そして壊れた時にやっと問題に気がつくのが、問題を再発見するのである。

既に民主主義に問題があるし、現行の経済システムにも問題がある、その事に気がついているのに色々と騙しながら使用している、色々といじくり回し、付け足しながらも使用しているが根本にある問題点は解決していない、いつクラッシュするかわからないまま使用しているのである。

しかも問題点があるのに他のシステムよりマシという概念に取り憑かれいつの間にこれが良いモノだと思い込んでいるのだ、他と比べて良いからそれが良いモノと勘違いしているのである。

二日後に問題が出るモノと三日後に問題が出るモノ一日有利かもしれないが問題が出る事には変わりないのに良いモノと思い違いをする。

その挙げ句クラッシュするまで問題点があった事を忘れてしまうのである。

そして問題あったのは知ってけどねと負け惜しみを言うのだ、他に方法がなかったというのだ、しかし実際は問題がある事を忘れてしまったのだ。
posted by mouth_of_madness at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック