2014年10月24日

レディオヘッド

頭のいい人はレディオヘッド、ボブディランを聴き、頭の悪い人はビヨンセ、ゴスペルを聴く。

何だこりゃ?である。

この調査でわかった事は頭の悪い人はクダラナイ調査をするという事だけだ。

そもそも頭のいい人って何?試験の成績がいい人?知能指数が高い人?今回の調査の場合はの大学進学適性試験得点というものらしいけどそれが高いのが頭のいい人なの?

それで頭がいい人というのは幸せなの?それが低いと駄目なの?

何か腑に落ちないドロドロとした劣等感が渦巻く、兎に角微妙に嫌感が漂う調査だ。

ある種の基準で人を測る愚かさがこの調査から感じるのである、この調査が正しくてもそれがどうしたという感情が、思考が蠢くのである。

そもそもこの調査をした理由は?何か色々と作為を感じるのは僕だけだろうか、現在親の収入等が最終学歴等に影響をするといわれている、それを曲解すると頭の悪い人はインスタントラーメンを日常的に食べるといった傾向が見えるのではないだろうか。

住む場所、環境等により文化は変わる、周りにいる人等の影響で趣味等は変わるのだ、コミュニティが人格等を作る部分があるのだ。

この調査は同じ様な環境、(収入とか家族構成、住環境)等で調査した結果ならばそれなりに考える部分もあるかもしれないが他の状況が与える影響等を無視しすぎです。

段々と考えがグダグダになって来た!!

ある一部だけを切り出し関連性があるような調査をする、いやもしかすると調査は多岐に渡っているのかもしれない、様々条件、ノイズ等を消した結果なのかもしれない、また調査のホンの第一歩なのかもしれない、しかしそれを安易な記事にするマスコミ絶望した。

posted by mouth_of_madness at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック