2015年04月13日

バスに乗り遅れるな

AIIBで言われているバスに乗り遅れるな、TPPの時にも言われていたように気がする。

このバスに乗り遅れるなという人々、行き先、運転手、経営会社とかの事を考えて言っているのか?

怪しいバスに乗らないというのも大事でしょ、怪しくないとしても目的地が自分の行きたい目的地で無ければ普通は乗らないでしょ?マジカルミステリーツアーみたいなバスに乗ってどうするよ。

またAIIBに関しては既に日本は同じ様なモノを持っているのである、客の審査がやや厳しいという話も有るが安全な運行をする為には仕方なしの部分もあるからね。

それにバスに乗ると言うことは人にこれからの行き先を任すと言うことだ、途中で自由に降りる事も出来ないかもしれないのだ。

既に日本は自家用車を持つに至っているのにあえてバスに乗る必要があるのか?それ程の効率化がされているのだろうか?むしろ日本は更に便利なモノを作るべき段階なのに人のバスに乗り送れるなという。

新幹線を作れだのジャンボを作れというのがスジなのではないか?もっと良い仕組みを作れと尻を叩くべきなのだ。

経済のオートブレーキ完備とかで最悪の事故を防ぐシステムとかの構築を図るべきなのだ。

大所帯の運営が上手く言っていないEUとかの感じとかをみても、このバス更に混迷を極めると思うよ、それにこのバス事故ったら埋められますよ。
posted by mouth_of_madness at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック