2015年04月17日

好き勝手

マスコミという権力の暴走を政治が抑えると言論封殺というこのおかしさ、また三権分立とか言うけれど司法の政治介入に対する影響力を伏せぐ事は可能なのだろうかと思う今日この頃。

どの力が暴走しているのかをちゃんと見極めないと駄目なのだ。

何も間違った事を言っていないのであれば取材等の情報を公表すれば良いのだ、何処から聞いた情報なのか、どの様に調べた情報なのか明らかにすれば良いだけの事。

間違った情報、思い込みの情報、こうなるべきと捏造した情報というおかしな事を野放しにして来た反動が今なのではないのか。

圧力をかけられたと思ったら圧力なのだとか言い出したら何にも言えない言論空間を生み出してしまう、政治は何も反論出来なくなってしまうのだ、中立を保ち報道しろいうのは確かに難しい、何が中立かは良くわからないからね、だからといって自分の主義主張を漏りまくり報道する事は中立ではないのではないか?

政府を監視する、国民の意見の代弁者といった勘違野郎が調子をこくなと思う、選挙で選ばれた議員もまた国民の意見の代弁者でもあるのよ、報道がおかしいと思う国民が入れた一票がマスコミを叩く事になる事もまたある種のスジが通っているという事なのよ。

マスコミは自分達を守りたければ徹底した取材により政治力に屈しなくても済む、国民の支持を得る事が出来るような報道をするべきなのだ。

マーケティングや己の思想を広める道具を国が格安で提供している訳では無いのだから、誰にも文句を言わせない言論の自由を謳うのならば自分で発表の場を持ちなさいよ。

言論の自由を盾にして、国民も勝手に味方につけていると勘違いをして自分達を正義の味方にするのはやめとくれ、我々が理性的日本人の代表だみたいな顔をするのはやめとくれと言いたい。

我々は権力に屈しないというのならばそれだけ骨太の報道をしろよ。

ノストラダムスとかより当たっていないような経済記事とか、厨二病も真っ青な俺世界わかっています記事、俺の言うとおり社会は動かすべきといわんがばかりの勘違い。

そんな馬鹿が権利と権力を振りかざす、誰かの金に目が眩んだ様な報道をする、何処にスジが通っているというのだろうか?誰がそんな肥大化した権力を渡したというのだろうか?

真実って何かね?
posted by mouth_of_madness at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック