2015年04月19日

無駄を無くす

マクドナルドの業績不振、そういう事で年内131店舗閉鎖。

赤字店を減らす事でマクドナルドを黒字にするという考え、でもねぇコレはサービスの低下で一時的に黒字にするという方法で良く無い事なのよ、何処でもサービスを提供出来るという部分を捨てているのである、この広域に渡るサービスこそが強みの一つなのだ。

それを捨てる愚行、確かに総店舗数からしたら其処までサービスが低下する事は無いのだろう、だがコレにより一時的に業績が上がる事が実に問題なのだ、この手法を勘違いしてしまうのだ。

ある種サービスを提供するという部分は無駄なのだ、商品を提供する部分に負荷するプラスαがサービスだったりするのよ、人は一見その無駄な部分の良し悪しに金を使うのよ。

マクドナルドがやるべきは何で客が離れているのかを知る事、安易に価格の問題という事にしない事なのよ。

株主相手に商売しているとおかしな事になるのよ、ちゃんと客に商品を売って業績を上げないと何の会社かわからない様になるのだ、でも今の社長株主ばかり観ているかんじがするけどね。

美味い、安全という部分をまず追求、モスと同じ価格帯で発売して勝負出来る味を作る、まずは其処からではないのか?いやスケールメリットからすれば同じ価格ならばマクドナルドの方が美味しいモノを作る事が出来るのではないかと思うけどね。まぁ早さという部分で多少味を犠牲にする部分はでるけどね。

安さを追求するあまりに食に大事な味を疎かにした結果が今のマクドナルドの状態なのよ。

今にねぇセブンイレブンがドーナツに参入したが如くハンバーガーにも手を出すかもね、総菜パン以上の作り立て感のあるモノを用意しているかもね。

そうなると益々業績は悪くなると思うよ、そんな状況になれば下手するとレンタルスペースにみたいな商売に鞍替えするのかもね。

本職の美味しさを見せつける事が出来なければドンドン悪化する。
posted by mouth_of_madness at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック