2015年04月22日

脱力

人は色々な事でトホホとなったりして脱力してしまう、脱力してはいけないのだけどタリバンの「春の攻勢」24四月二四日に開始という記事をみてヤマザキ春のパン祭りみたいにいうなという感じが脱力感を生み出してしまうのだ。

季節の風物詩みたいに言うのはよろしくないのではと思うのだけど、そんな感じで始まるよというのがわかっているのも生活の知恵なのかもね、戦争とか紛争といった感じで語ると重いい感じだけど、(いや実際に大変な事なのだろうけど)なんかこうすると賃上げデモとか春闘みたいな感じで被害に巻き込まれる人々も精神的には楽になれるのかもね。

嗚呼今年もこの季節が来たか、食料とかをストックして逃げる準備とかしておくかねという感じに成れるのかもね。

深刻な絶望感溢れるよりは良いという事かもね、必要なユーモアなのかもね。

と思っていたりもするのだが翌々考えるとコレって翻訳がそうなっているだけで現地の人にとっては絶望的言葉だったらそうしようと此所に来て思う。

頃がその場の思いつきで書いているこのブログのグズグズ感だ、書きながら考えているグダグダの臨場感。

その臨場感が読む人を脱力の坩堝に・・・・
posted by mouth_of_madness at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック