2016年01月16日

人は同じではない

同じ人間だから話合えばわかり合えるという考えを捨てよ。

まずは其処から始めないと様々な問題は解決しないと僕は思う、相手が自分のいった事を100%間違いなく理解するのは難しいし、違う考えを完全に受け入れる事は不可能なのよ、無理矢理受け入れるから歪みが生まれ衝突をする。

色々と違うモノを抱えて人は生きているのですよ。

わかり合えないというのを理解した上で摺り合わせを行う事が大事なのです・

大体キリスト教の中でも対立するし、イスラム教の中でも衝突をする、国内でも内乱とか起きて殺しあいをするのが人間ですよ、それ位に抱えているモノが違うのです。

話し合いをしてわかり合えなかった場合どうするの?

もっと話合えば良いというのは詭弁ですよ、物事には時間制限も我慢の限界もあるのです。

それにねぇ、科学的なモノとか数学的なモノの様に正解を証明出来る様なモノならまだしも人の幸せとか正解のない価値観の衝突なんかお互いが正解と思っている状態で納得なんかしない。

押し切られてその場は治めても歪みは残るし、妥協した事により問題が起きた場合に相手の理屈により不利益を被ったという憎しみが肥大化していく。

相手の考えが間違っていると否定する。

正しい理屈で相手の考えを否定したとしてもそれは歪みを生みだす、人の考えを否定するというのはそれ程重たいモノなのだという事を理解しているのだろうか?

おれは正しい、お前は間違っているというの繰り返して行けば人を破壊する事になるのだ、回り回って自分に返って来る事はあるかもしれないけれど直接に自分が損をする様な事も無いのに自分の考えの正しさを押しつける。

メリット、デメリットの算出にしても人により違うのに俺正解で押しつける。

そもそも個を大事にしているとか言うくせに自分の考えを押しつけるこの矛盾。

違う考えなら下手に話合うより、距離を置く事が正解なのではないかと僕は思う、混ざらない,混ざりたくないモノを混ぜる必要がどれ程有るのだろうか?

まぁ距離を置くというのも問題の先送りなのかもしれないけどね。

それに話せばわかると言う人、他人の考えを変えようとはするけど自分の考えを変えようとは思わないよね?話せば相手の考えを変える事が出来るという傲慢があるよね?それだから相手は話を聞かないのだと思うよ。


むしろ「離せばわかる」が正解ではないのか?客観的に観る視点が冷却させるのですよ、自分が少し変わる事により話が出来る可能性が少しだけ上がるのかも。

まぁそれでも違う人間、小さな差異が残り混じり合う事はない。
posted by mouth_of_madness at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック