2016年01月18日

正義は集団で行うべからず

何にしても正義は振りかざすモノではない、此所では何度も言っているけど最近の難民問題等をみているとそう思う。

色々な正義が徒党を組み暴れた結果が今の世界、子供の頃とかは国連とかがもっと進んで行けば世の中は良くなるのではないか?と考えた事もありました。

でもねぇそれは一つの正義で世界を支配する事に思えてからはヤバイモノという感じがするのですよ。

キリスト教にしてもイスラム教にしてもやたら忌み嫌われるナチスにしても己が正しいという思想に賛同した人々が暴走して紛争を起こしているのですよ、オウムにしても麻原の説く正義に賛同してテロを起こしたのですよ。

逆から見たら悪だとしても彼等は自分の正義の元に行動をしているのですよ。

アメリカは中東に平和をもたらす、民主化するという名目でフセインもカダフィも潰したけど本当に平和になったの?変わる事を望んでいた人も多いと思うけど、変わらない事を望んだ人達を一方的に不幸にして良いのか?

徒党を組むと何か自分が正しくなったと勘違いする、数が増えれば増える程自分の正義こそが真理と思い上がる。

正義はねぇ1人の責任で行うモノなのよ、集団で思考停止した状態で行うモノではないのですよ。

誰も賛同してくれなくてもこれこそが正義と思えば行動するその位に大変なモノなのです、沢山の人が正しいと言っているからやらなきゃと思っている精神で振りかざしていては駄目なのよ。

それって単なるイジメでしかないからね、みんながやるから罪の意識を感じにくいし、深い所を考える思考を失う、クラスの誰も賛同しなくても奴をイジメる事は正しいと思う位でなければイジメはしては駄目、みんながしているから俺もという部分に正義はない。

流されているだけ。

またしても言うけれど、人権家とかは個が大事的な事を言うけれど最もタチの悪い正義に関しては群れたがる。
posted by mouth_of_madness at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック