2016年01月23日

問題が起きなければ

勝手な自分ルールで法を無視、自分で考えて行動しているのが大事という理屈。

この考えどうにも嫌、何があっても自己責任ですという考えならまだしも何かあった場合には法を利用したり小狡さでどうにも卑怯なのです。

それに相手がいたりする訳で単純に自己責任でとは行かなかったりもするのですよ。

またこの自分ルールに内包している問題が起きなければどれだけ法を破っても大丈夫、神の目で監視されている訳ではないので何も問題はない、それに誰もが自己ルールで多かれ少なかれ法を破っているから俺だけの問題ではないからと自己弁護をする。

問題が起きなければ、発覚しなければとい考え極端に言えば、盗まれた事を認識させなければ盗んでもいい、騙された事を相手が気がつかなければそれは詐欺ではないと言っているのですよ。

といった事を最近よく見かけるようになった自転車乗りの信号無視の出鱈目さから考える。

自分の中でこの状況では事故に巻き込まれる事はないという考えでバンバン法を無視しているのですよ。自分の頭の中の段取りで問題は起きないと考えてこれは法を破っても大丈夫と行動しているのですよ。

大多数が法を守るから問題は起きない、自分が守っても守らなくても状況は何も変わらない、それよりも自分の目的に達するのに都合がいいと法を破りまくる。

自分勝手な振る舞いを自己判断と言っていいのか?
posted by mouth_of_madness at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック