2016年01月28日

博打

人類はタダでさえ生活に危険を陥れる自然環境に住んでいるのに、更に危険を及ぼす経済システムや戦争といった社会システムといったモノを作り出し安易に手を出してしまう。

更に儲けようとしてリスクを抱えてしまうのだ。

虎穴に入らずんば虎児を得ずともいいますが多数を犠牲にして虎児を得てどうするのよ?

経済システムも防衛としての戦争も本来はリスクを減らす為のものだった筈なのよ、でもよりそれを使ってもっともっとそ手を伸ばし益をとろうとして危険になる。

まさに博打だよね?

でも結局博打は損を生み出す、誰かは大きく儲けるけれど多数の損を出した人間が生み出され不安定要素に成ってしまう。

余計な事を考えないと駄目な社会って実際は不効率だよね。

子供の頃色々と楽しかったのはその事だけを純粋に楽しんでいたから、歳を重ねるにつれ社会の仕組み等のおかしな部分とかに思考が奪われ純粋に楽しめなくなっているのです。

それが大人になる事というのかもしれないけれどどうにも腑に落ちない、でも多分これは僕の性格的なモノ。

実際は世の中は刺激が好きなのよ、儲けたいというのは自分の行動を正当化する為の説明の為の理屈、実際は刺激に飢えているだけ、戦争も恐怖感よりも社会が変動するという刺激に飢えた結果。

多分この人の性格が保守派と革新派を生み出す、社会を良くしたいというのは建前、刺激に対して不快感を持つか刺激に興奮するかの戦い。

平和とか安定は次の刺激を味わうための我慢期間、積み上げて積み上げてガラガラポンをする、子供の時に砂山を作ったりダムを作ったりしたモノをど派手に壊すそれが楽しい、まさに子供の我が侭に社会が振り回されているのだ。

領土を奪いたい、誰かを屈服させたいというのも嘘をついても儲けたいというのも変な言い訳をするのも子供じみているよね、大人になれない人が多いから社会は何時までも不安定なのだ。

知識だけが増えた歪な子供が動かしているのがこの社会なのである。
posted by mouth_of_madness at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック