2016年02月15日

凡人化

久々に実家に帰ったら学生時代は凄いと思っていた、いや実際に天才性があった人間が凡人になっていました。

いや実際に絵とかを描かせればまだ超絶上手いのかもしれないけれど、言動に中学、高校の時にもっと何かやっていたらと後悔している部分に絶望的な凡人感が滲み出ているのですよ。

チョイと悲しいです。

これまで卒業後も何度か会っていたのですが仕事に燃えていたりしてそんな感じも無かったのだけどどうにも寂しい感じです。

何がそうさせるのか?仕事での疲弊?

それとも僕が思っていた天才性が思い違いだったのか?

それが人間の性と言われればそれまでだけど、でもねぇ昔を後悔し、頑張っていたらもっとやりたい事が出来ていたのにというのはあまりにも凡人過ぎると思うのよ。

段々と昔の知人と話すのが辛くなって来ました、関東に出てきている者との会話ではそんな感じはないのだけどねぇ、これは僕の地元がドンドンと疲弊している事による閉塞感が影響していたりするのかね。

後悔を肴に酒を飲む趣味はないのです。
posted by mouth_of_madness at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック