2016年02月23日

ハッとした

視聴率が悪いと脚本家と出演している役者が叩かれる記事は良く見るけど監督が叩かれるプロデューサーが叩かれる事って殆ど無いよね。

いやむしろそっちの方が大事だよね。

酷い脚本、演技だったとしてもそれらを採用した方が悪いよね。

何か優先順位が違うよね、色々と動き出して修正不可能とかあるかもしれないけれど、当初考えていた能力をはるかに下回るモノだったとしてもそれに決めた者を叩くべきなのよ。

政治家の不祥事を首相に任命責任と批判するのと同じだと思うのです。



まぁ更に言うならば視聴率が低いのを誰かのせいにする記事って何の為にあるの?マーケティングの為に分析会社が事業者にに向けて出す記事ならばわかるけど一般人にそれを教える必要はあるの?

先入観を与え何か誘導したの?

事務所間の争いの一環?テレビ局間の視聴率争いの一環なの。

もっと今は視聴率低いけど此所に注目して見れば面白いという様な記事書けば良いのにね、面白さを伝える事をメインにすればと思います。
posted by mouth_of_madness at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック