2016年02月26日

中年の主張

烏合の衆が集まって次の選挙投票は楽そう、18歳からの初投票はこれくらわかり易い方が良いのかもねという安易な答え。

自民、公明、非自民、共産といった感じで実にスッキリ、まぁ元々からこんなモノなのだからそんなに変わらないというかもしれないけどね。

でもねぇ非自民というか打倒安倍政権という部分で合体出来る程度の政治主張しかないのか、主義主張しかないという部分にゲンナリ。

まぁその程度結びつきあっという間にまたバラバラになる、国政をどうにかしたいというより権力を手に入れたいというだけの者が内部からガタガタに壊していくのだ。

でもこの選挙、よれると混沌が更に悪化する、多分立ち直れない位にグラつき数年を無駄にするだろう、今でもグダグダなオリンピックは更に危うくなる。

慰安婦問題も更にややこしい事になると思いますよ。

普天間問題がルーピーによりおかしな事になって危険な状況に成っているからね。

Aという問題を解決しようとしてBという更に大きな厄災を招き入れるのが人の愚かさ、目の前の問題に近視眼的になり全体像が見えなくなるそれこそが人間ぞ。

政治は短期で考えては駄目なのよ、短期で答えが出るモノでもないのよ、そういう面ではアベノミクスの乱高下は良い面、悪い面、変化し過ぎ、影響出過ぎだとは思うけどね。

まぁそれもこれまでの停滞感の為にガツンとドーピングしてそれが効いている間になんとかしたかったけど立ち直る前に世界経済がおかしく成って色々な政策が後手後手に回っている感じだとは思うけどね。

次のステップに行く前に転けたという感じ。

まぁそういう風に肯定的に観る事も出来るけどどうにも政策がおかしな方向に曲がっている感じもする。
posted by mouth_of_madness at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック