2016年06月13日

良かれ

この世界には悪意はない、黒幕なんかいない、みんな良かれと思ってやっている、偶々予想外の事が起きて。読みがハズレた結果悪い事が起きた、不幸な事が起きた、苦しむ人がでただけです。

そんな事をいうリベラリスト。

全ては良かれですよ、悪い事企むやつなんか基本的にいないといってナショナリストを否定する。

もうね馬鹿じゃないのとしか思えない、何かが欠落しているとしか思えない、同じ世界に生きているとは思えない位に歪な状態です。

だから話し合いなんて出来ないのですよ、価値観も世界も共有していないのだから。

理屈的に考えてそうなったのかもしれないが、黒幕がいて陰謀を張り巡らし世界を牛耳る事なんか不可能だと考えたのかもしれないが、何故それが不可能になのかという論理の根っ子って何なのよ、色々な人がいて、色々な国があって文化があってそれぞれ違う価値観があってとでもいうのだろうけどそれが根拠にならないと僕は考える。

人間の根本にある欲という面で考えれば世界は一つですよ、対象が違っても欲望に忠実というのは同じなんですよ、釣りの時に餌を変える、竿を変えれば良いだけで基本的には釣りは釣りなんです。

欲望を動かせば人は動かせる。

自分の欲望の実現の為に人は動き、それを実現する為に人を利用するその構造は何処までいっても変わらない、上に行けば影響力等も桁違いになり動かせる人間の数も桁違いになる。

利害でぶつかる事もあるから黒幕たり得ないというかもしれないけれど、それすらも大きな流れの一部かもしれないのよ。

今でこそ世界征服みたい事はいわないけれどチョイと前までは世界の覇権をかけて争っていたのよそれぞれの国に黒幕はいたのですよ。

急にいなくなる訳は無いのですよ、より高度に潜伏して高度しないと駄目になっただけに過ぎないだけ。

価値観を共有するようにしようという思想自体に黒幕は宿ります、その価値観を作る時にその思想を牛耳ればいいのです、そうすれば後は勝手に人は動く、一部誤動作する者がいたとしても概ねその方向に動く。

ある種のプログラムを流し込まれ自主思考があると錯覚しながら思惑通りに動く人間。

勉強した結果馬鹿になる恐れ。

民主主義と資本主義を信奉するこれは良いモノだと思い込む、考えた結果だいうかもしれないけれど殆どは説明を聞いて納得しただけ納得した事をその事について考え理解したと錯覚しただけ、詐欺のセールスでも同じ様になるのと何ら変わらない、自力で問題点を発見出来ていないだけなのよ。

まぁ現実にわかる事は自分が黒幕か黒幕ではないかその程度の事しか人にはわからない、黒幕と思い込んでいる人は勘違いする可能性もあるけどね。

100年前とか1000年前とかに企んだモノが未だに影響を与え人を動かしている部分もあるのですよ、もう死んでこの世にはいなくても言葉が残り人を動かす。

宗教とかも過去からの言葉で未だに人は動くでしょ?

黒幕は生きていなくても良いのですから、1000年後自分の思い描いた世界が出来る事を夢見て思想を放つのです、それを受け継いだ息子達が行動するのです。
posted by mouth_of_madness at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック