2016年06月15日

繰り返す2

水曜日のダウンタウンで10回クイズのネタをやっていた、大人は引っかかるのだけど子供は引っかからないという部分。

効率化という面で大人はショートカットを脳に作ってしまうが子供は作れないのだと思うけど実はこの違いが柔軟性に繋がるのだと思う。

色々な事に関して一期一会の様に対応出来るのです。

多分子供の時に一日が長かったのもこれだと思う、全て色々な出来事に対して脳を使っているから長かったのですよ。

多分自動化回路が出来ると半分寝ているのです、寝ているとと8時間とかアッという間でしょ?多分それと同じ。

集中しているというと凄い感じだけど、実際は余計な機能をオフにしているだけ、余計な考えをせずに最適化された機能で自動的に動いているだけなのだ。

実際は寝ているのだ。

そう考えると人間の考える時間とは脳の活動量なのかもしれないね。
posted by mouth_of_madness at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック