2016年06月18日

映像化不可能

よく映像化不可能とかいって映画化するけれど、そもそも小説とか漫画とかの原作だったら今は金と時間があれば結構可能だよね。

まぁ確かに小説の場合は読んだ人の脳内でどの様な映像を描いているかわからないから難しい面もあるけどほぼ可能だと思います。

それを言い出すと文字から想像する限りどんなモノでも誰もが同じ脳内映像を作る訳ではないので小説は全て無理とも言える訳ですよ。

まぁ言葉で、誌面のレイアウト等でのネタとかだと同じのは無理だと思うけどそれでも映像化は大体可能だと思います。

むしろ映像化不可能というので有れば物凄いお金がかかるけどほぼ誰も観たいと思わないとか、公序良俗から逸脱し公開できない様な代物なのではないでしょうか。

まぁそれでもそれらの問題を乗り越えて作る好き者はいるけどね。

表現には向き不向きはある、だから音楽で表現した方がいいとか料理で表現した方がいいとか別の表現の方がより伝わるというのはありますでも映像化不可能といわれるとチョイと違うのですよ。



そうはいっても僕の場合自分の表現技術では脳内に有る映像を表に出す事が出来なくて日々悶々としているけどね、そういう面では映像化不可能なのを日々実感するのです。

技術の上達より妄想の速度の方が早いから追いつかないのです、達成すると見えてくる新たな問題点も出て来るからね、過去の自分の絵を観ると凹むのです、脳内ではもっと良い絵描いているのにね・・・・
posted by mouth_of_madness at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック