2016年09月16日

論点ずらし

蓮舫の二重国籍問題を人種とかの人権問題にすり替える、差別問題にすり替える、実に酷い。

シンプルに法律問題なのですよ。

この論点すり替えを繰り返すと、今に日本に住んでいるから、日本が好きだから、自称日本人ですといえば誰でも日本の政治に介入してもOKだという極論にまで行ってしまうのではないか。

人気者だからとか、政治家だからという事を理由に法律を好き勝手に都合の良い解釈をする様な状況に成れば法治国家としては成り立たなくなるのだ。

また今回の件は日本の法律だけで解釈して良いモノでもない台湾の法律で解釈するとという部分もあるのですよ、台湾の法律で有罪になった場合どうするのよと思います。

まぁもう既に外交政治的解決がされているのかもしれませんが。

それにねぇ今回のグダグダの言い訳展開をみるとどう考えてもおかしいよね、嘘つきの精神性に溢れているのよね。

嘘つきを法律を無視して保護する、それを人権というのだろうか?


まぁ嘘つきで無いとしたら非常に物忘れが酷いか、その場雰囲気、思いつきで発言する自分の言動に何も責任をとらない人という事何だけどね。

人権だヘイトだといっていると今に取り返しのつかない事になるよ。
posted by mouth_of_madness at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック