2016年09月18日

疑似科学にはまる人達

何かと疑似科学にはまる人が尽きないのは何故か?といった事をいう人がいる。

逆に僕は何故其処まで科学は正しいと思えるのか?とききたい。

そもそも僕等の知っている科学なんて紙の知識ですよ、それに学校の授業ですら満点を取れるだけの知識すら持ち合わせていないのですよ。

更に卒業してからなんか知識なんてドンドンとアヤフヤになっていますよ、大体学者先生ですら専門以外はけっこう怪しい人多いでしょ?

それに新しい知見が出て来れば過去の知識が変更される事もあるようなモノなのですよ。

また教科書の知識を実感して正しいと何処で思えるの? あくまで紙に書かれた知識で有り先生が正しいと教えだだけの情報でしかないのですよ、ある種の共通言語的になるからそれが正しいと思い込んでいるだけでしょ。

ある種のルールに則り作られた理論体系でしかないのです、これで現実を全て表わしているかというとそれは実感出来ない様な未完成なモノだと思うのです。

だからこそ別の事をもっともらしく言われると信じてしまうのですよ。

科学信者の人は自分の知識が何も間違っていないと何を根拠に思い込んでいるの?知識に足りない部分の事とかを疑わないのか?

調べている?ネットで怪しいという検証があれば信じる?色々と自分の知識を信用しすぎだと思うのです、その事象に関して研究して実験等により自分で確認をし実感しているのならばまだわかるけど単なる知っている情報だけが全てだと思い込む事の危険性。

更に疑似科学だのトンデモだのと人を小馬鹿にした態度をとる者の言葉が届くと思うのだろうか?

ネトウヨとかパヨクといったレッテルで相手の考えを馬鹿にした様な発言に説得力が無いのと同じですよ。

上から見下した態度で言われてもねぇ、それに悩みがあったり、世の中を良くしたいという思いがあったりしてはまっていたりするのですから問題改善出来るもっと良いモノを楽しく紹介してくれないとね。

世の中科学の理屈で動いているからそれを実感しろ言うのはチョイと無茶だし、信者でも無い限り実感無き知識は信じ続ける事は出来ません。

水素水とかにはまる人は多分一途では無いと思う、あれが良いと言われれば水素水なんかコロッと忘れ、否定し別のモノに突っ走る筈。

信じる知識は日々アップデートされる、良いアップデートかどうかはわからないけどね。
posted by mouth_of_madness at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック