2016年09月21日

炎上ビジネス

炎上するような底の浅い発言をして自分の人気度合いを測る、反対、賛同で右往左往している2ちゃんのネタになる事に自分の存在意義を感じる実に矮小な自尊心。

話題になる事を目的とし、その言説に影響を受け暴走する社会の事なんか何も考えていないのだ、いやむしろ暴走して欲しいとすら思っているのだろう、俺の影響力も中々凄いと実感出来るわけだからね。

暴走した結果社会がおかしく成って自分の生活が住みにく状態になる事なんか考えていないのだ、年金止めろとか健康保険止めろとか言って自分がいざ病気になった時に大変になる事を考えてはいないのですよ。

現時点で問題があるとしたらどうしたら問題を解決出来るかを考えるのが大事なのにそれを放棄し止めれば良いと言うのは余りにも馬鹿過ぎる。

また社会のバランスをとる為に反対の意見を、別の視点を与えるのが社会正義と勘違いし変な極論をいう事を良しとするのもどうにも気持ちが悪い。

アクセルとブレーキを同時に踏みスピンさせる事に意味はあるのか?

スピンさせて喜ぶ馬鹿がどうにも多すぎるのですよ。

豊洲移転問題にしても土を盛るとか空洞とか、安全に問題無いからこれ以上この事についてグダグダやるべきでは無いというズレた意見をみるとこれまたゲンナリ来る。

論点がズレた意見に意味があるのか?

安全ならばどんなに不正があっても良いのか?また不正が有る状況で本当に安全性が確保出来るのかという考えも出来るのに計画が遅れる事の問題ばかりを言い過ぎだと思うですよ。

おかしな仕組みを一度リセットしなければ何度も間違うという事を今正そうとしているのにその視点が抜け落ちているのです。

簡単に発する事が出来る様に成ったし、速度も速くなった、だからこそもっと考える必要があるのに、じっくり考えて発すると鮮度も刺激も少なくなる、良い論説だとしても話題になりにくい、それでは誰も観ない、読まない、影響も出ないとして意味が無いと考えるのだろう。

だがノイズはひたすらストレスを生み出し人は暴走する。

多数の「狼が来るぞ!!」という少年が注目を浴びたくて「いや人食い虎だ!」「大津波だ!!」「ドア開けとけば大丈夫だ!!」とか好き勝手に大声で叫び徘徊する世の中。
posted by mouth_of_madness at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック