2016年09月29日

騙された

大東亜戦争に関して政府に騙されたという認識って何処から来たのだろうか?

二度と政府には騙されないぞって一体どういう事なのよと思うのです。

大本営発表は嘘あったとは思うけど、実際はそういう問題では無いと思うのです、実際に暴走したのは政府ではなく大多数の国民の方です。

生まれてはいないので確かに僕は当時の空気を知っている訳ではないけれどそうしたい思ってい無い者をある方向に向かせるのはね大変ですよ。

そんな技術があり物事簡単に動くのならばもう少し商売は楽だし、今の経済の停滞感なんかももっと簡単に改善出来るのですよ。

政治なんかももっと楽な筈ですよ、多少は動いてもバランス的なモノが働き止まっているでしょ?

あの時何があったのか?求めている所に求めるモノを与えたというのが実情だと思います、本当に騙されたとしたら馬鹿で間抜けだったという事です、日本人の大半が騙され壷買ったという事です、

確かに騙した奴が悪いのだろうけど騙された方も馬鹿という事を反省しなければ物事は良くなりません。

それに騙されたから何をしても良いというモノではありません。

イジメと同じ構造なのです、みんなが面白がって動いてリーダー格が切っ掛けを与え暴走する、何となく面白いかもという心根があっただけの事。

まぁ実際は共通の危機感とか不満感がありもう我慢出来ないというパンパンに張り詰めた状態に切っ掛けを与えたというのが実情なのだと思いますけど。

騙されたといって逃げていると本当に有った事がわからなくなってまた同じミスを繰り返します。

それは思考の停止だし、責任の放棄なのですから。
posted by mouth_of_madness at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック