2016年10月26日

レコード大賞

なんか週間文春に三代目JSBが取引をしたと証拠がという記事が出るらしいけど、今のレコード大賞に1億円とかって意味あるのかねと思ってしまいます。

レコード大賞を取るとそれだけ売上げが増えるの?ライブの単価が上がるの?

なんかそれに見合うだけの利益があるのだろうかと思ってしまうのです、でもまぁビジネスセンスで成り上がった訳だから何か採算があっての事なのだと思う。


まぁそう思っていても今のレコード大賞ってどれ程の意味があるのだろうかと考えてしまうのです。

何らかの賞をもらうそれは嬉しい事だと思います、大した賞で無くても嬉しい事だと思います、でもお金で買って嬉しいのだろうか?

まぁ確かに日本音楽マーケット史に名前が残るのは後々嬉しいのかもしれないのかもね。

それでも1億の価値が有るようには僕には思えない。まぁ根回しに1億と考えると安いのかとも思えるけどねシングルCDで大体10万枚分程度だからね、売れていると演出して買い占める事を考えれば全然安い金額。

金でダブルミリオンとか作り出すと考えたら安いけどね、破格だよね。

1億で賞を売る連中もまた音楽産業の事何か考えていないよね、そりゃ駄目になるってモノよ。

まぁそれ程音楽業界に影響力もないか。
posted by mouth_of_madness at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック