2016年12月13日

プレミアムフライデー

なんか月末の金曜日は15時で仕事終わりというプレミアムフライデー構想。

これって民間企業にとって意味あるの?

建前上は民間だけど最終的には公務員が休み増やしたいだけだよね、民間がやっているから公務員もという事にしたいのだよね。

また民間の方も労働時間が短くなったといって給料減らすという準備じゃないのか?早く終わってもサービス残業とかで労働時間はあんまり変わらなかったりするのではないのか。

それに今の世の中24時間働いている感じですよ、こんな仕組みをしてもシフトがチョイと変わるだけではないのか?

仕事終わって飯とか酒とか言うのかもしれないけれど、飲み屋とかとか早めに開ける事になる為に仕込みとかが大変になるだけだと思う、まぁその分稼ぎは増えるかもね。

でも早く帰る事が出来ると意外と飲みに行かなかったりするかもね。

これを行う理由がどうもイマイチシックリ来ないのですよ。
posted by mouth_of_madness at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック