2016年12月18日

真意を読め

流行していない流行語の「日本死ね」の擁護の発言とかをみると言葉の真意を読め観たいな感じ。

これってなんか上から目線だよね、文句言っている人間はわかっていないと馬鹿にしているのよね、文句を言っている人間の危機感とか嫌悪感とかを理解しようとしてないのよ、馬鹿だから反射的に反応しているだけという程度にしか思ってい無いのではないだろうか。

それにねぇ、言葉の真意が伝わっていないのは読解力の問題だけなのか?

それは違う、確かにその様な面もあるけれど、自分の置かれた状況、立場、これまでの人生経験といった色々な事で言葉から受ける意味は変わるのですよ。

小説とかならば色々な言葉の積み重ねで意味を補填する事も出来るだろう、でもねぇフレーズだけで言葉の意味を知れというのは無茶なのよ。

社会状況をわかっていれば意味はわかる筈というのも、同じ状況を観ても人が社会をどう認識するかは違ってくるのですよ。

更に時間が立てばドンドン意味が変質していく、死ねという悪意の部分だけが暴走する事の怖さを安易さを考えろと思うのです。

実際にその悪意だけが暴走し、「ユーキャン死ね」とか出て来たでしょ?

更にこれ暴走すると「高校落ちた、○○死ね」(○○の部分は人の名前)とかでイジメとかに繋がったらとか思うと実に具合が悪いのではないか。

言葉の意味はわかっていたとしてもその後の問題性までは理解していないのではないか?

まぁ実際は問題性も知っているけど自分の思い通りにならない日本が嫌いな人が日本に悪意を発したいだけなのかもね、それに屁理屈をつけて正当化しようとしているだけ。

日本に問題があるのは政府とか政治が悪いのだ、自分達は関係無いとでも思っているのだ、俺達はシッカリ世の中を見て問題点を理解しているか関係無いのだとでも思っているのですよ。

そして自分にとって良いか悪かが基準で、他者の考える良し悪しは考え無い、反していれば潰すそうとするのですよ、僕は狭量だからムカつく意見には噛みつきます。

保育園が少ないのが問題と思うのであれば作るのを阻止する為の住民運動に対して抗議してみればどうだろうか、政府とかが作る為に強制執行とかしたら文句いうくせに保育園作れなくても文句をいう。

不平不満を言う事が政府とか国とから自由意思、自由思考だという勘違いする輩。

やはりお利口さんは世界を滅ぼす。
posted by mouth_of_madness at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック