2017年01月14日

第二の敗戦

かって大東亜戦争で負けた、当初の目的はそれなりに達成したかもしれないけれど負けた、そして戦後もまた中国に経済だの技術だのと良かれという思いと経済の利益をとろうとして色々と世話をして、経済的発展をすれば良い国になるだろうと思っていたけど逆の状態。

何か日本の政治とかには欠陥があると思う、相手を同じ様に考え過ぎるているのだ。

相手の事を知らずに行動するから負けるのだと思う、単純に負けているとは違うけど韓国問題とか北方領土問題とかをみても何か相手の事を信用しすぎた結果というか同じ様な思考をしてくれると考えた結果なのだと思う。

こうすれば相手は話を聞いてくれると思い込んでいるのだ、自分ならそうするからねと思っているのだ。

多分これから間違うのはアメリカとの関係、米中関係を読み違うのと思う、日本の味方になってくれる同じ資本主義、民主主義だからという思い込みが判断を間違わせると思う。
posted by mouth_of_madness at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック