2017年01月27日

自由に

絵の仕事をしていると「おまかせします、自由に描いて良いですよ」という様ないい加減な発注がある。

でもねぇこの様な発注は実に厄介なのよ、決して自由では無いのですよ、単にいい感じの発注仕様が言語化出来ていないだけで漠然としたイメージはあるのです。

基本的に僕が自由に描くとそれに対してOKが出る事は皆無なので仕事が無駄になるから具体的な発注が欲しいのです、納期は決まっている訳で完成度を上げる為にも無駄な作業は出来る限り減らしたいのです。

でも考えると小学校の時から自由に描いては怒られている感じがする、何かトラウマになっているからね、一時的には自由に絵が描けなくなったくらいに。

小学校の美術教育もう少しちゃんとしないと絵が嫌いになるとか変な固定観念を押しつける事になると思います、空の色は青色と決めつけては駄目なのよ。

また自由に描ける様になったのはキース・ヘリングの絵を観たときに何かパーッと束縛が解けた感じがした時から。

飯何にする?で「何でも良いよ}というのも嘘だったりするじゃない、何でも良いと無責任に言うものではないのよ、それを言うのだったら相手の提案を無条件で受け入れるだけの覚悟が必要なのです。

せめてこれだというのが無いのならばこれは駄目というのだけは提示して欲しいと思う。
posted by mouth_of_madness at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック