2017年02月15日

原発ゼロ

民進党の政策の2030年原発ゼロ政策。

何となくただ言いだよね、多分新規の原発が出来なければ、耐用年数が来る時期で無理に延長しなければ自然に原発ゼロになるんじゃないの。

でも原発ゼロになってからが本番なのを誤魔化しているよね、放射性廃棄物の管理をどうするのかを決めないと駄目なのを有耶無耶にしているのは無責任なのよ。

原発ゼロでは終わらないのですよ。

後始末をどうするのかをシッカリ考えて発言しないとね、考えずの発言それは絵に描いた餅で騙そうという詐欺なのです、それにねぇ現政権でも原発に変わる次世代の発電の事は考えていると思うのですよ、今も色々な企業とかがエネルギー問題対策はしている訳ですし、旗を振ったという雰囲気だけで自分の手柄にしようという魂胆が実にみっとも無い。

チョイと予算をつければもう自分達のおかげという勢い、これに騙されては駄目なのよ。

エネルギー政策は国防という事を忘れ、安易な票獲りに使っては駄目、あと基地問題も安易に選挙の公約に使うのは駄目、しっかりとした対策を考えてやって手をつけるモノ、空白期間を作っては駄目なモノなのです。

教育とかも思いつきで新しい事をやられると後で苦労するのはその間の子供達だったりするし、世代の空白が出来ると国力は大幅に落ちてしまうのですよ。

文化は繋ぐ事に意味があるからね、色々な世代により変化する多様性と繋がる時間性、伝統性というモノを上手く纏める事が国力であり文化力なのです。

伝統とか文化とかは選挙というクダラナイ物で壊しては駄目なのです。


保守の流れがあって革新が色をつける、停滞した時にブレイクスルーをつける位が丁度良いのです、思いつきの革新、革新で物事を動かすとそれはタダの右往左往にしかならない。
posted by mouth_of_madness at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック