2017年03月21日

論理のすり替え

豊洲問題の築地の方が衛生的にも拙いというのは論理のすり替えではないのか?

安全性と豊洲に移る不透明な経緯の話とは別の事象なのですよ、安全性にしてもこの不透明な流れがあるから本当に大丈夫なのかと思ってしまうよね。

一度不正があると中々信用できないでしょ?

恐るべき茶番劇を見せられているのが今なのよ、マスコミも適当に本質をズラし混乱させ話題を持続させる、安全性と経緯をシッカリ切り分ければもっと効率よく問題を裁く事が出来る筈なのに混同する事で長引かせる。

これは小池のパフォーマンスでもあるのだ。

でもねぇこのパフォーマンスは命取りになるのではないかとチョイと危惧する、時間を見誤るとオリンピックの準備に影響が出て収拾がつかなくなるのです。

間に合ってもハッタリを噛ます事が出来なければこれまた大きな無駄金になるからね、ただでさえ舛添でしくじってロスしている部分があるのだからそれを挽回するのは大変な筈なのよ、でも豊洲問題で停滞しているからね。

都の問題で国が恥をかいたり、間に合わせる為に国税が垂れ流しにされたら地方は堪ったモノではない、急ごしらえの建物とかで耐久度が低かったりしても問題だし、駄目な都市計画とかも後々に負債を残す事になる。

学祭とかでクダラナイ所でグルグル回り準備期間が足りなくなり適当に喫茶店でいいかになり大赤字とかの馬鹿な展開だけは避けたいモノです。

まぁ都民じゃないけど。
posted by mouth_of_madness at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック