2017年03月26日

ドラゴンブレイド

どうにもテーマとジャッキー演じる主人公のやっている事がなんかブレている感じが観ていて実に気持ち悪い。

結局は敵に対して武力で言う事きかせているよね、所々では情けをかけるけど自分の都合で行動を変えているのですよ。

人間だものといえばそれまでだけどどうにも座りが悪い。

ローマ軍を倒す為に様々な民族集めて犠牲にしている事に関してどう思っているのだろうか?争いはイカンと言っていてもバンバン殺し合いをしているのよ、マジか!?となりますよ。

単にアクション映画として何も考えずに観れば楽しめるのかもしれないけれど、男の友情とか仲間達といった感じで盛り上がれるのだろうけど、争いはイカンというテーマを最初にぶち上げられている為にどうにも展開のおかしな部分が気になってしまうのです。

何故こうなった?

それにねぇ門の現場監督の心変わりの速さも何でと思うくらいに物わかり良すぎるだろう、キャラブレているよね。

裏切り者にしても誰が裏切り者かを隠したいという理由だと思うけど裏切った理由が見えない為に実に人物として薄っぺらなのよ、権力欲のペラい奴というのはわかるけどもう一ヒネリ何か欲しいよね。


映像は金がかかっていて見応えがあるのにシナリオに金がかかっていないのだ、チョイと雑なのだ。

見せたいシーンに合わせてシナリオを捻り出しという感じです、でもテーマは別にあるからチグハグになっているのです。


後笑ったのはさすがルシウス、恐るべき建築技術とニヤニヤしてました、でもせめて工事期間は半年位あっても良いんじゃない、余りにも短すぎです。
posted by mouth_of_madness at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック