2017年04月11日

技術者

技術者と経営者。

企業にあるこの大きな二つの軸、東芝とかシャープはこれが上手く回っていなかったのだろう。

技術はあってもそれをどの様に売るのかの経営判断が無ければ駄目だし、経営能力が高くても技術に対する判断能力が低ければ技術のもつポテンシャルを測り損ねる。

どうにもその辺が日本企業はバランスを欠いていたりする、開発にもう少し投資をしていればとか、技術はあるから売れると勘違いしたりする。

匙加減をミスしてるのが今の日本家電業界なのだ。

またこの勘違いは昔の家電がバンバン売れていた頃の感覚が残っているからだと思う、まだボロい頃の家電新しい機能や性能アップが付加価値として認められ、技術により故障とかを減らす事が出来た時代の感覚なのですよ。

十分に家電が行き渡り、色々と便利になった世の中なのですこれまでの常識が通用しないのです、それにねぇ銀行系からの経営人とかが入っきて更に混乱これまた自分の成功体験を家電業界に当てはめようとするから上手く行かないよね。

過去に縛られているから未来に進めないのです、成功体験したときと時代は変った事に気がつかないと駄目なのです、流れに取り残された企業は淘汰される、でもねぇ大企業にまで育つとその淘汰は国に被害を与える事になるから馬鹿な経営をして潰れるのは駄目なのよ。

駄目な経営で大企業を潰すというのは公害とかで人に被害を与えるのと同じなのです、大企業を管理するのも原発を管理するのも同じと理解するべきなのです。

バランスを欠いた状態は何処かに穴があき色々な問題が吹き出すのです。
posted by mouth_of_madness at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック