2017年04月12日

貧乏学生売春をするの巻

学校行きたいのに金がないから売春をする。

なんか悲惨ですよね、人権的に酷い話ですよねという感じのアピール、貧乏自慢の気持ち悪さで国の政策はどうなのかと訴える。

そういう人を助けようと思えば税金とかで助ける事になる、だがきっとこういう事をいう連中は税金を上げると貧乏人を殺す気かと訴えるのだろう。

何処かからお金が湧く訳ではないのよ、税金という範囲で出来る事をするしかないのです、そうすれば何かを切り捨てなければならない部分もでるのです。

奨学金を増やしたら逆に他の部分が減らされ苦しむ人も出ると思うのですその事をわかった上での発言なのだろうか。

色々と世の中金が無くて諦めているいる人はいるのですよ、我慢している人はいるのです、我慢する事は人権問題なのか?

そりゃ我慢しなくて済むならそちらの方が良いけれど、我慢しなければならない時には自分の中で優先順位をつけていくしかないのです。

売春より学校に行く事を選んだのは自分なのです、きっと睡眠時間とか住む場所とか食事とか携帯電話とかそれらよりも売春を選んだのではないかと思います。

世の中には不幸な人は一杯います、でもねぇ安易な記事はそれらを救わないのです、問題定義にもならないのです、ただ私は不幸だとアピールしているだけの気持ちの悪いモノなのです。

それにねぇ問題は売春をしないと大学に行けないということより、大学に行かないと自立出来ないと思っている、するのが難しいという社会の方ではないのかといった部分かもしれないのだから。


まぁ不幸アピールで政治が拙いと言いたいだけの目的のゲスな記事だからね。

人権好きの人が食いつけばOKという事なのです。
posted by mouth_of_madness at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック