2017年04月16日

好き嫌い

前日の流れで考える。

食べ物の好き嫌いって最初の印象のまま概念が固定されてしまった人なのかもね、これを個性という人もいるけれど僕には単なる未熟なだけという気がする。

多分、繰り返し食べるという訓練をしていないから脳とか舌に回路が出来ていないのだ。

動物の本能である危機回避能力が反応したままで避けている為に安全基準と美味さの拡張が行われないのです。

この本能で毒物から身を守るという事は出来ても、食糧危機とかが来た場合に弱い、この偏食性の為食べられないのだ、飢えるのだ。

人は訓練で色々なモノのマスターしていく、偏食があっても困らない世の中、訓練をしなくてもほとんど困る事は無いから訓練を止めてしまう、美味しさの可能性を放棄しているのだ。

親とかがピアノだ絵画だ、サッカーだと色々な英才教育をするけど食に関してはどうなのだろうか?一流な料理食べる事もいいが苦手を克服させる事も大事なのだと思う、味覚の幅が広い方が色々な味を楽しめるのだ。
posted by mouth_of_madness at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック