2017年04月18日

ミサイル

飛んで来たら終わりです、撃ち落とせなければ終わりです、でもなんとなく危機感がない。

有識者の中には撃ち落とす事を問題にする輩すらいるという状況。

何かが麻痺している、戦争が嫌すぎて、戦争にならなければミサイルが撃ち込まれて人死が出ても仕方なしというおかしな理論。

きっと上陸されて惨殺されても抵抗さえしなければそれは戦争ではないという納得をするつもりだ。

収容所で強制労働で済むのならばラッキーだと思っているのだろう。

そして多分だがこういう考えの人自分が酷い目にあう事を考えてはいない知り合いが酷い目にあう事は想像もしていないのだ。

もしかすると話が付いているのかもね、平和を愛する人だから助けますよ言われているのかもね、まぁそいう約束をしていても無理だけどね、自分の身を守る為に裏切る奴なんか助けるわけないよね、馬鹿だし。

ミサイルにしても国土の広さを考えたら自分の住んでいる所に直撃しないと考えているのよ、確かにね軍事拠点や落として効果がある地点に住んでいなければまぁミサイルが飛んでくる事は無いよね、占領した後に利用する事を考えたら全土を灰塵にする事は無いだろうからね。

当たる確率はかなり低いと思います。

政治家とかだときっと国のシェルターとかも用意されているだろうからね、無責任な発言をしたとしても断られる事もないだろうし、何処か絵空事の中での発言になるものよ。

まぁそれは行け行けドンドンも同じだけどね。

ひょんな事から即死、誰がそのクジを引くのか?自分でないのならばOKと思うのであればあまりにもロクデナシだと思うよ。


ロクデナシが平和を叫ぶ、まさに不愉快な喜劇。
posted by mouth_of_madness at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック