2017年05月17日

豆腐危機

豆腐が安すぎてというより買い叩かれて倒産が相次いでいるという話。

確かに20円とかで売っているのとかを見るとどうやって作っているのと思うからね、豆腐製造業者に無理を強いていたという事なのだ。

豆腐業界全部が共同で無理と叫ばないと駄目という事なのだ、業界がもう少し値段の維持をしないと駄目なのだ、でもそれをやると値段を不当につり上げているというのだろう。

不当に低価格競争に巻き込むのはどうなの?企業努力にも限界はあるよね。

売らなければ良いとか言うのかもしれないけれど、中々難しいよね、ある種のチキンレースを強いられてしまうからね、売らないと言えば、その金額でやってくれるドンドン怪しい業者に流れていくからね。

人権費の安い海外に流れ、日本の豆腐業界壊滅とかになりかねないからね、まぁ限界でも同じなんだけどね。

まぁスーパーとかもある種談合して豆腐の最低価格とかを決めないと他のスーパーに客を取られるのかもね。

豆腐業界は200円欲しいとかいうけれどそれだと他の食材に流れる可能性もあるからまずは100円位を最低価格に決めるのが適当なのかもね。

定着したら150円ぐらいで安定すれば良いのかもね、豆腐ってそれ位の価格のモノという認識が消費者に刷り込まないとね。

うどん一玉19円とかも何か価格破壊過ぎ、世の中にはマジかという価格のモノがあるからね、もう少し消費者の方も製造者の事を想像出来る様にならないと駄目なのよ。

安いのは嬉しいけれどその陰で泣いている人がいたら気分悪いよね。
posted by mouth_of_madness at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック