2017年05月27日

SEALDs

支持している人もいたのだろうけど結局は大人に馬鹿にされている存在です、このところ平成維新軍、NO BODYというネタ的な感じに描かれる始末。

何で馬鹿みたい描かれているのだろうか?

程度の差は有れ多分誰もが通る厨二病的時代の自分の恥ずかしさが根っ子にあるのだと思う、生温かい目でみたくなるのだと思う。

まぁ大人になった所で別に賢くなんか無いのだけどね、成長した訳でもない、単に違うベクトルに流れただけなのです、でもかっての自分の青臭さをチョイと自虐的に小馬鹿にしたくなるのです。

何故これらの青臭さは失敗するのか?

単なるムーブメントに過ぎないからです、集まっている人はただ集まっているからです、其処には思考は無いのです、参加するときに思考あったけど参加した時点で思考を停止させるから駄目になるのです。

思想等を提示するのは良いのだけど、それを集団の考えにする事は駄目なのです、思考停止した時点でもうねぇ内ゲバだったり融通の利かない先鋭化とかで駄目になっていくのです。

宗教とかもそんな感じになっておかしく成った例あるでしょ?

だから大人にいい様に利用されるのです、ムーブメントになる事で支持者を増やす、デモ等に参加してくれる事を目的にしている部分があるから大人にとって利用しやすいのです。

拡げる事と浸透させる事は違うのに拡げるという事に邁進して思考停止の烏合の衆を作るから駄目になるのです。

まぁこれは右も左も同じ、デモで盛上がると先端を走っていると錯覚しがち、何か歴史に介入している感じがするのです。

高度成長期もバブルも失われた20年でも別に生活しているだけで歴史に介入しているのだけどね、単に名前が教科書に載らないだけでね、でも歴史の教科書に載りたいと意識が暴走しお花畑に突入してしまうのです。

それにねぇ一時的ムーブメントで物事が変ってもそれは力なしですよ、民主党政権に力あった?国民の意識が変る様な感じあった?

無いですよ、有ったとしても民主党駄目だな、一度やらしてみるとかは駄目だな位じゃない。

大多数の人に新しいモノの見方を提示しそれを文化レベルにまで昇華する事でやっと世の中は変るのです、一時的なムーブメントで変ったモノはあくまで流行だから直ぐに変っちゃう、定着するまでの地道な作業が大事なのです、でもそれをやらないから、即効果を求めるから馬鹿にされるのです。

まぁ世の中にある様々な健康法ブームみたいなモノだから馬鹿にされるのです。
posted by mouth_of_madness at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック