2017年06月24日

AI

これからAIの時代が来るとか言われてます、きっと来ます、色々便利になると思います。

なんか一見AIって人間を作るみたいなイメージがありますけど実際は違います、まぁそういうアプローチも有りますけど実際はある分野のエキスパートを作るのが現時点のモノ。

多分人間の思考をAIで作るという事はミスとか記憶違い、勘違いとかもシミュレートする事になると思うのです、確かに人間臭くなるのかもしれないけれどウッカリ機能があるモノを使うのはかなり危険だし不便になります、まぁそのミスとかが新しい発想になったりもするのだろうけど、自動運転で偶にミスしますでは洒落にならないからね。

プランAとプランBの評価値が同じになった場合にどっちを選択するのかがAIの個性になるのでしょう、使用者の癖とか好みとかで微妙に理解して選択変えたりとかね。

そして人は選択のパターンに個性を感じるようになるのだろう、その挙げ句何でそっちやねんとツッコミを入れる様になるのだと思う。

そんなこんな妄想をしていたら何で人間の思考の仕組みをシミュレートしようとか考えるのだろうか?脳味噌の物理的、化学的シミュレートするアプローチは無いのだろうか?

そっちの方が難しい?

ソフトシンセでも電子パーツのシミュレートをして回路図通りに接続する事で再現するアプローチがあるのですよAIでもそんなアプローチがあっても良いんじゃないのかと思うのです。

まぁ既にあるのかもしれないけれどね。
posted by mouth_of_madness at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック