2017年10月14日

いつの頃から

いつの頃から世界を理解できなくなったのだろうか?

昔も錯覚ではあったが理解している感はあったのよ、入ってくる情報を理解する事で世界を知った様な気になったのよ。

でもねぇ今は入ってくる情報の量に圧倒されるし、情報は意味不明だわで全く何が何やらわからないのですよ、この状態で後何十年か生きるのって出来るのだろうかと不安になるのです。

知らない事が日々増えるこの恐怖、知らない事を理解していくという量をはるかに超えた情報の氾濫にストレスを感じるのです。

子供の頃は色々とフィルターがあっていい感じには処理するべき量がコントロールされていた、大人にになりそのフィルターがなくなってもまだ情報の流通にある種のリミットがかかりまだなんとかコントロールできている感じ、でもねぇ今はそのリミットは発信者のモラルだけになりデタラメな量になっているのよ。

それらを見ていると本当にこの人達は同じ世界に存在するのかと思えてしまう、見るべき世界が広がりすぎて自分のいる場所がどんな所か理解出来なくなっている。

情報を無視して狭い世界で生きれば良いのかもしれない、でも入って来た情報に対して反応してしまう僕はそれが出来ない、でも溜まる一方だし理解出来ない事がドンドン出てくる、ひたすら吐きそうになる。

いつからこんなに不自由になったのか?

情報に囚われている僕はどうなるのだろうか?、色々な事を鵜呑みにする僕には色々な矛盾が頭の中で渦巻目が回る。
posted by mouth_of_madness at 20:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。