2017年12月21日

没個性

個人主義だの個性だのいう感じで自分らしくの大安売りをした結果の没個性化。

自分の時間を大事にしたいとかで若者のクリスマス離れだったり、会社の飲み会が廃れたりとか、コレってもう何かに誘導されるが如くの行動だよね。

自分の時間を大事にとかいう考えが実に個性的ではないのですよ、そもそもそれは異様に普通過ぎるのです、基本的に自分の時間を大事にするというのは当たり前の事、そんな事を口に出して自分の世界に入り込むってコレって引き籠もりと何にも変らないよ、家に籠もるか、自分の世界に籠もるかの違いでしかないのよ。

それを個性と言い張る駄目さ、そんなモノは個性でも何でもなく未成熟というのです。

個性でそうしているのではなく、そんな空気が醸成されているからそれが出来ているだけの事、単に流れに乗っているだけ、何かに目覚め、強い意思の元にやっている行動でも何でもないのよ。

自分以外の者が全員参加している様な状況でも出来る?出来ないでしょ?今そうする事がなんかカッコいいと思い込んでいるだけなのよ。

個性ってもっと滲み出るモノなのよなんか同じ様にしているけど何か違う異質感だったりするのです。

若者の○○離れみたいに一纏めにされているのは何かの思想に汚染された結果なのです、没個性な行動した結果がそうなのです。

マーケティングの結果生み出された疑似多様性に過ぎないのです、それに扇動される没個性。
posted by mouth_of_madness at 22:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。